Author Archives: Kondrashov

りんごは好きでしたが、当たり外れがある果物だと思っていました

「りんご」と聞いて思い出すのは、一人のあばあちゃんです。高校生から母と兄と移り住んだマンションに住んでいたその女性は、最初は会うと挨拶をする程度の関係でしたが、身なりはおしゃれとわかる格好で、いつも一風変わったサンダルや鞄を持ち、時には口紅をしてアクセサリーも付けてお出かけしていく姿に私は興味津々でした。社交的な母を通して徐々に関係が深くなり、その女性のお部屋にお邪魔することも増えていきました。

ある日、お裾分けということでりんごを数個いただきました。それまで、りんごは好きでしたが、当たり外れがある果物だと思っていました。しかし、それらは全て蜜が詰まった美味しいりんごでした。あまりに美味しいので、どこで買ったのだろうかと母と話したほどでした。

後日、そのりんごについて女性に尋ねたところ、長野県のあるりんご農家さんから取り寄せているものだと教えてもらいました。そこで、早速我が家からも注文をしたところ、どうやらその農家さんには、家庭用と贈答用の「さんふじ」や「王林」などのりんごがあり、夏にはぶどうも扱っているとの事でした。家庭用のりんごで十分だと話には聞いていたので、我が家も家庭用の「さんふじ」を購入しました。そして入金の確認後、割とすぐにりんごは届きました。

浅い段ボールに綺麗に並べられた十数個のりんごは、ツルツルしていて玄関のあかりでキラキラ輝いているようでした。届いてすぐに食べてみましたが、思った通りにとても甘かったので、近くに住んでいた祖父にも持っていきました。それ以降は寒くなって来ると、その農家さんからお便りがきて毎年のように注文をするようになりました。

りんごの味は、それ以降も当たりばかりで毎年家族と「美味しいね。」と言い合いながら食べるようになりました。私はその後社会人になり、その女性が住むマンションの実家を出てからも、自分で同じりんごを注文するようになりました。実家を出て数年後、その女性は病気を発症し帰らぬ人となりました。

残念ながらお葬式には行けませんでしたが、後日実家に帰った際には、その女性は息子さんと一緒に住んでいたため、ご挨拶には伺いました。女性が亡くなってから数年後、私は母になりましたが、寒くなるとそのりんごを注文しては子供と旦那さんと一緒に食べています。

青森りんご 格安

4歳と1歳の子供を育てています。

私は結婚を機に東京に引っ越してきて、いまは4歳と1歳の子供を育てています。
福島出身の30代です。

一番は子どもの成長が見られることです。先日、初めての幼稚園の運動会があり、引っ込み思案の息子がお友達とお遊戯をしているのを見てとてもうれしかったです。家では大きくなってしっかりしてきたと感じていましたが、当たり前ですがまだまだ小さい子どもであること、ちょっとしたことでも一生懸命やらないとできない年齢であることを再確認しつつ今後の成長も楽しみになりました。
また夜に兄妹で寝ている様子を見るのが楽しいです。見るたびに位置が違うのに寝相は同じだったり、普段は喧嘩ばかりなのに寄り添って寝ていたり、どう動いたのか場所が逆になっていたりといろいろなパターンを見せてくれるので夫といつも2人を見て笑っています。

子どもが何を考えているのか分からない時です。ちょくちょく些細なことで癇癪を起こすので毎回どうすれば良いのか途方に暮れてしまいます。本人に聞いても半分パニックになっているので仕方がありません。おもちゃを投げたりイライラして妹にあたったりするので更に怒られて泣いてどうしようもなくなります。大抵は親も我慢して根気よく話しかけますが、体調などによってはそれも難しくヒステリックに叫んでしまったりします。あとで自己嫌悪で落ち込んだりとつらいことも多いです。
他にも好き嫌いが多く、身長も体重も増えずに困っています。今日食べたもの、美味しいと言ったものを翌日や翌週食べるからと言ったらそういうことは全くなく、何を食べてくれるのか考えているのが苦痛です。

子どもが大きくなったらやっぱりいろいろな経験をさせてあげたいです。経験に勝るものはないと思いますし、興味軸が違えどそこから新しい可能性に気づくと思うんです。
コロナ禍でなかなか難しいですが、自然と触れ合わせたり、博物館などに連れて行ったり興味の幅を広げたいです。

子ども食堂 立ち上げ