医薬品の適性使用してもらうのは薬剤師に責務

薬剤師はお薬の専門家です。
ですから患者さんに医薬品を適正使用してもらいように努めなければなりません。
医薬品の適正使用とは
「的確な診断に基づき、患者の兆候にかなった最適の薬剤、剤形と適切な用法・容量が決定され、これにもづいた調剤されること
と言えます。
次いで
患者に薬剤について説明がジュ分理解され、正確に使用された後、その効果や副作用が詳しく評価され、処方にフィードバックされという一連のサイクルの実現
と定義されています。

ですから薬剤師は処方内容をきちんとチェクしなければなりません。
処方内容をまず確認し、
該当疾患の適応があるかどうか?
用法や容量が適切か?(年齢、腎機能などを確認)、
他の薬剤との相互作用
確認しましょう。
注射剤であれば
投与経路
投与速度
配合変化なども好悪慮しなければなりません。

もしそこに疑義があれば処方位に問合せしましょう。

また薬剤師が患者さんに適切な説明をしなければならないこともあります。
処方されたお薬を適切に使用してもらうために、用法や容量を、効果、注意すべき副作用などを説明し、患者さんの理解を得るのも薬剤師の責務です。

それは法律の変化にも表れています。
従前は「情報提供義務」という表現でしたが「情報提供および指導義務」という表現に大きく変わったことにも表れています。
調剤明日薬剤の適正使用のための薬剤師が薬学的知見にもとづいた必要な指導を行うことが義務化されたのです。
薬剤師の責務として医薬品の適正使用が大きくなったことは肝に銘じておかなければなりません。

さらにう医薬品の効果や副作用のフィードバックも大きな役割となりました。
患者さんから聞き取ったり、検査値、TDMが必要な薬剤では血中濃度の確認などにより、効果や副作用を評価します。
変更が必要だと考えられる時には医師にも相談し、その時にはその理由や適切な処方提案も行えるようにならなければなりません。
こにょうに薬剤師はたんなる薬を調剤するだけの仕事ではないことを理解しておいてください。
薬剤師 主婦 働き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です