炭酸パックの効果

炭酸パックの効果として主体は『ボーア効果』です。

通常酸素は血中のヘモグロビンと結びついていて、この酸素を細胞に渡すことで細胞が活性化します。

そうなるようにヘモグロビンから酸素を切り離してくれるのが二酸化炭素です。

炭酸パックの効果が出ている証としてパック後赤みを帯びていると思いますが、これがまさにボーア効果なのです。

数時間後にはこの赤みがとれると思いますが、きちんと切り離された酸素によってお肌が活性化されています。

一般的に炭酸パックの効果として……

(1)お肌の透明感が増す
(2)肌色が明るくなる
(3)お肌がふっくらする
(4)毛穴の汚れ・ほうれい線が目立ちにくくなる
(5)むくみがとれて小顔効果が期待できる

などがありますが、血流が良くなり酸素が細胞にたくさん供給されて新陳代謝が活性化してお肌が整った結果こうなるのですが、これだけですましてしまうのはあまりにももったいない。

そう。

この状態は、とても美容成分が浸透しやすい状態なのです。

だから、ここでオキニの美容液をオンするのです。

ここで重要なのが『オキニ』の、というところです。

スキンケアアイテムは『アイテムとお肌の相性』がすべてです。

だからこそ、オキニのというところが重要なのです。

オキニのアイテムというのは、当然貴女のお肌との相性が良いからこそオキニになっているのだと思います。

しかし、浸透力の問題でさらなる効果が期待できる可能性があります。

先ほど説明したように、炭酸パック後はお肌も活性していますし、美容成分をより深くまで受け入れられる状態になっています。

なので、そこに貴方のお肌と相性の良い美容液を落とし込むのです。

そうすれば、もともと貴女のお肌と相性が良い美容液をお肌のより深いところに届けられます。

これ以上に、炭酸パックのあとにオキニの美容液を使うべき理由を説明する必要があるでしょうか。

ただ、ボーア効果をはっきさせるにはある程度高濃度の炭酸が必要になってきますので、その点は注意です。

この話にご興味のある方は、効果的な炭酸パックを1つご紹介しておきますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

17skin イチナナスキン 高濃度炭酸パック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です