Monthly Archives: 9月 2021

睡眠と体温の関係

みなさんは睡眠と体温に重要な関係があることは知っていますか?

日本人の睡眠満足度は世界最低とも言われており、5人に1人は睡眠に問題があると言われています。

睡眠時間も世界最低で、日本人の睡眠の質の向上は重要な健康課題となっているのです。

そんな睡眠をよくするためには様々な方法がありますが、睡眠の質を向上させるためには「体温」というものが重要です。

睡眠時には体温が低下します。特に深部体温と言われる皮膚表面の体温ではなく脳などの臓器の体温も低下します。これは夜になると自然と体温が下がる体内時計によるものと、睡眠に入ると皮膚を通して熱の発散が盛んになるためだと考えられています。

この睡眠に入ろうとすると体は体温、特に深部体温を下げようとするのです。この深部体温が素早く低くなるほどより眠けがまし深い睡眠をとることが可能と言われています。

では、そんな深部体温を下げるためにはどうしたら良いのでしょうか。

まず一つは適切な部屋の温度に調節することです。

部屋の温度が高いと当たり前ですが、熱の放散がうまくいきませんので体温は下がりにくくなってしまいます。なら寒いところのほうがいいのかというと、それはそれで寒くて体は熱を作ろうとしてしまうので良くありません。何事も適度にが大切ですね。

さらに頭を冷やすと深部体温を下げるのに効果的でより深い眠りが可能となっています。

そこで最近話題となっているのがブレインスリープピローです。

このブレインスリーブピローは高い通気性を持っており、通常の枕よりもより早く脳の深部体温が下がることが実験で証明されています。

そんなブレインスリープピロの販売店を紹介した記事はこちらです。

参考:ブレインスリープピロー 楽天

さらには睡眠環境を調節するだけでなく、睡眠前にぬるめのお風呂や足風呂に入ることも手足の表面からの熱放散が増え体内の温度が低下しやすくなると言われています。

他にも、夕方の運動も皮膚からの熱放散を増やすため、より深い眠りにつくのに良いと言われています。