自分の睡眠くらい自分でプロデュースすしうなさい

睡眠がその人の人生を作る
そんなことも言われているくらい睡眠はとても大切なのです。
人間の人生の3分の1は布団の中で過ごしているのです。・

その中でも夜の午後10時か午前2時くらいの間は成長ホルモンが最も分泌される時間帯です。
成長期の子供はこの時間にたっぷりと睡眠をとらなければなりません。

しかし、いろいろな事情で睡眠時間がtappuritotorenaikatamosukunakuariamsenn .
そんな方はぜひ「睡眠の質」を高めることに着目してください。

睡眠の質を高めるには、自分で睡眠のプロデュースをしていくしかありません。
それにはまず寝る環境を整えるようにしましょう。

シーツ
枕カバー
掛け布団
など顔に当たる部分にもこだわりましょう。
季節にもよりますが
夏はやっぱり朝素材は肝一良いですし
冬はフカフカした毛足の長い物が気持ちのいいものです。

さらに重要なのはマットレスや枕などの硬さです。
マットレスや枕の硬さは身体の姿勢やゆがみにも大きく影響してきます。
ですから、ぜひこのあたりは積極的に投資をしていくのも大事です。
マットレスの硬さは寝返りの打ちやすさにも関係してきます。
寝返りが打てないと身体のゆがみがでてkるので適度な硬さも重要になってきます。
フッカフカの沈み柔らかいまっといれすでは逆に疲れが取れないことも知っておいいてください。
また枕の硬さや高さも肩こりや首のしわにも関係してきます。

さらに睡眠のプロデュースでは寝る前の時間の過ごし方にも気を配りましょう。
寝る前にできるだけリラックスできるようにすることが寝付きも良くします。
それにはお風呂上りから寝るまでの過ごし方にも気を付けましょう。
お風呂もぬるめのお湯にゆっくりと入ることで交感神経と副交感神経の働きを逆転させていくのもいいでしょう。
布団や枕なども大切ですが、眠りにつくまでのルーティーンにも気を使ってください。
腰痛 マットレス 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です