指導や助言や見守りも必要になるのが親の介護です

実は介護という言葉は比較的新しくできた造語なんです。
介護用品メーカーが介助と看護の言葉を組み合わせて作ったそうです。
この介護とは、高齢者・病人・障害者といった日常生活がひとりでは支障がある人(要介護者)をお世話することです。
さらに介護とは自らが望む行為を自立的に達成させ、社会に参加させることを目的としています。

介護の現場においては、食事・排泄など身体介護と掃除・洗濯など生活援助にによる介助だけに目がゆきがちですがそれだけではありません。
生活習慣の継続、のやめの指導や助言
自主性の尊重による見守りも必要になってきます。

介護は通常、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)があります。
個別援助技術とは要介護者が個別のプログラム活動に参加することで主体的に生活できるよう支援・援助するものです。
集団的援助技術とは要介護者がグループ活動に参加することで主体的に生活できるように支援・援助するものです。

介護の現場で求められる役割

介護現場で求められるのは
・介護
・看護
・医療
・その他
に分ける理解がしやすいかもしれません。

介護のサービスには「身体介護」「生活援助」「問題う好悪どう関連更衣」がありあmす。

身体介護とは
・入浴
。排泄
。食事
などの介助を行うものです。

生活援助とは
・掃除
・洗濯
・調理
などの日地上生活の援助を行うものです。

問題行動関連行為とは
・認知う症患者を世話すること
です。

一方医療・看護では「機能訓練関連行為」「医療関連行為」「医学的な介護予防行為」があります。

機能訓練関連行為は日常生活の動作訓練や電気刺激、マッサージによるリハビリテーションなどがあります。
医療関連行為には医師の指示による病状の観察や身体の清拭などがあります。
介護予防行為には、治療や服薬の指導管理、療養上の相談支援、口腔内の清掃・指導などがありあmす。

この他にもケアマネージャーが行政の介護保険担当者に介護に対する相談や事業者の紹介もあります。

老人ホームを嫌がる親を施設に入れる手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です