Monthly Archives: 8月 2021

自分の睡眠くらい自分でプロデュースすしうなさい

睡眠がその人の人生を作る
そんなことも言われているくらい睡眠はとても大切なのです。
人間の人生の3分の1は布団の中で過ごしているのです。・

その中でも夜の午後10時か午前2時くらいの間は成長ホルモンが最も分泌される時間帯です。
成長期の子供はこの時間にたっぷりと睡眠をとらなければなりません。

しかし、いろいろな事情で睡眠時間がtappuritotorenaikatamosukunakuariamsenn .
そんな方はぜひ「睡眠の質」を高めることに着目してください。

睡眠の質を高めるには、自分で睡眠のプロデュースをしていくしかありません。
それにはまず寝る環境を整えるようにしましょう。

シーツ
枕カバー
掛け布団
など顔に当たる部分にもこだわりましょう。
季節にもよりますが
夏はやっぱり朝素材は肝一良いですし
冬はフカフカした毛足の長い物が気持ちのいいものです。

さらに重要なのはマットレスや枕などの硬さです。
マットレスや枕の硬さは身体の姿勢やゆがみにも大きく影響してきます。
ですから、ぜひこのあたりは積極的に投資をしていくのも大事です。
マットレスの硬さは寝返りの打ちやすさにも関係してきます。
寝返りが打てないと身体のゆがみがでてkるので適度な硬さも重要になってきます。
フッカフカの沈み柔らかいまっといれすでは逆に疲れが取れないことも知っておいいてください。
また枕の硬さや高さも肩こりや首のしわにも関係してきます。

さらに睡眠のプロデュースでは寝る前の時間の過ごし方にも気を配りましょう。
寝る前にできるだけリラックスできるようにすることが寝付きも良くします。
それにはお風呂上りから寝るまでの過ごし方にも気を付けましょう。
お風呂もぬるめのお湯にゆっくりと入ることで交感神経と副交感神経の働きを逆転させていくのもいいでしょう。
布団や枕なども大切ですが、眠りにつくまでのルーティーンにも気を使ってください。
腰痛 マットレス 治った

マッチングアプリでのママ活の体験

それは今から5年前、私が大学生のときの話でした。
私はいわゆる東京のベッドタウンといわれる埼玉県で大学生をしていました。
当時私は就職活動を終え、残された学生生活をどう過ごすか模索しているところでした。
当時私が通っていた大学は男子9割女子1割、その1割の中の女子の大半はオタク気質といった学校だったため、とにかく出会いがありませんでした。
そのため、残り半年程度の学生生活を充実させるためにまずは女性とのお付き合いをしようと思い、マッチングアプリに登録することにしました。

お付き合いに至らずとも、女性と話をしたり遊びにいければいい人生経験にもなるといった軽い気持ちで始めました。
始めてからしばらくの間は経済力のない大学生だからか、ほぼほぼ空振りばかりで、たまにマッチしたと思えば相手は外国人や既婚者、シングルマザーなどといったそういった曰く付きの方が大半でした。
そんな中マッチし、この人ならいいかもと思える人がいました。
その方は30代前半の方で、お世辞にも綺麗とは言えない方ではなかったですが、話を進めていくうちにとにかく優しい感じが伝わってきて、学生である私を年の離れた弟のように可愛がってくれました。
そしてついにその方と会うことになりました。
初めてマッチングアプリで会うこととなりましたが、あの時の集合場所の大宮に向かうまでの電車でのドキドキは今でも忘れられません。

そしていよいよ初対面。
私の目の前に現れたのは写真よりもずっと綺麗な女性でした。
その方は写真は顔をごまかしていると言っていましたが、私には実物の方がはるかに綺麗に見えて、私が思う綺麗と女性目線の綺麗は違うんだなと感じました。
その後二人で街に繰り出し、とりあえず居酒屋でお酒を飲むことになりました。
大宮の飲み屋ということで人が多く、ガヤガヤしていましたが、それを感じさせないほどに話に夢中になってしまいました。
そしてその日はそれで解散しました。
次は映画を見に行こうと約束をしました。
それから二週間、再び会うことになりました。
映画を見た後に今回は私が積極的になり、雰囲気のいいバーでお酒を飲みました。
そのあとはなりゆきでホテルまでいき、済ますことを済ましてしまいました。

その後女性から提案があり、真剣にお付き合いしようと思わなくていいから、定期的に会ってほしいと言われました。
それだけでなくお小遣いもくれるとのことでしたので、迷うことなく合意しました。
その関係は大学卒業まで続き、経済的にも気持ち的にも充実した日々となりました。

堂々と募集してる人もいますが、私のように出会いから始まる場合もあります。
逆援助の教科書 | 逆援助に興味がある男女のための教科書

指導や助言や見守りも必要になるのが親の介護です

実は介護という言葉は比較的新しくできた造語なんです。
介護用品メーカーが介助と看護の言葉を組み合わせて作ったそうです。
この介護とは、高齢者・病人・障害者といった日常生活がひとりでは支障がある人(要介護者)をお世話することです。
さらに介護とは自らが望む行為を自立的に達成させ、社会に参加させることを目的としています。

介護の現場においては、食事・排泄など身体介護と掃除・洗濯など生活援助にによる介助だけに目がゆきがちですがそれだけではありません。
生活習慣の継続、のやめの指導や助言
自主性の尊重による見守りも必要になってきます。

介護は通常、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)があります。
個別援助技術とは要介護者が個別のプログラム活動に参加することで主体的に生活できるよう支援・援助するものです。
集団的援助技術とは要介護者がグループ活動に参加することで主体的に生活できるように支援・援助するものです。

介護の現場で求められる役割

介護現場で求められるのは
・介護
・看護
・医療
・その他
に分ける理解がしやすいかもしれません。

介護のサービスには「身体介護」「生活援助」「問題う好悪どう関連更衣」がありあmす。

身体介護とは
・入浴
。排泄
。食事
などの介助を行うものです。

生活援助とは
・掃除
・洗濯
・調理
などの日地上生活の援助を行うものです。

問題行動関連行為とは
・認知う症患者を世話すること
です。

一方医療・看護では「機能訓練関連行為」「医療関連行為」「医学的な介護予防行為」があります。

機能訓練関連行為は日常生活の動作訓練や電気刺激、マッサージによるリハビリテーションなどがあります。
医療関連行為には医師の指示による病状の観察や身体の清拭などがあります。
介護予防行為には、治療や服薬の指導管理、療養上の相談支援、口腔内の清掃・指導などがありあmす。

この他にもケアマネージャーが行政の介護保険担当者に介護に対する相談や事業者の紹介もあります。

老人ホームを嫌がる親を施設に入れる手順