教育論で夫婦喧嘩

はぁ・・・。

いつもこうなる。主人は良い学校や良い塾などは必要なしの考えの人。私は良い環境に置く方が選択肢が増えて子供の将来には役立つだろうと思っている。

そりゃここまで真反対なら喧嘩でしょうね。笑

大学には遊びに行くもの

公務員は自分達の税金で給料もらっているのだから感謝しろ

とすごく偏見な目を持っているので3歳の息子を塾に入れようと相談したら、今回の喧嘩に発展したって訳。

必要ない

子供が行きたいと言い出すまでは行かす必要ない

お金の無駄

遊んで人生失敗しても自分の責任

と、恐ろしく昭和の考えを持っていることが子供が生まれてから発覚。時すでに遅しではあるけど・・・

環境で子供もかなり変わることは私自身が体験している。小さいうちからピアノ、英語教室、硬筆、学習塾、日本舞踊考えたらすごい習い事の量だ。

どれも今となってはやってはいないけど、極めてはいないけど良い経験をさせてもらったと思っている。

音楽は自然と音階がわかるし、英語もネイティブも何となく感覚で聞き取れる、日本舞踊は所作が身についている。

経験して損はないと思うのに・・・

主人は全く習い事をしてこなかった人だから習い事にあまり共感が持てないようだ。少し、創造を膨らまして考えてくれたらいいのに・・・。

けれど、反抗できずもやもやが残ったままになってしまった。自分の事だけなら良いけど子供の大きな将来がかかわってくるならば話は別。どうやって説得しようか考えて考えて。ダメもとで無料体験の英会話塾に連れていく事にした。

最初は反対してたけど、どんな所か知らないのに反対するのはおかしいというと渋々ついてくることを承諾してくれた。

ママ友がかなり絶賛してた英語塾。そのお子さんも通っていて普通の英会話なら聞き取れるし単語交じりだけど会話も成立している。

当日、乗り気でなかった主人が最後には一番楽しんでいた。嬉しいことに自分も英会話が出来るようになりたいと子供と通う事になった笑

私的には大きな誤算だったけど嬉しい誤算。成果があるなら私も行ってみたいと思うほど2人とも楽しそうに通っている。キャタル月謝 英検

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です