Monthly Archives: 5月 2021

大きな目標のために小さな目標を立てる

新しい仕事や職場にデビューした時に不安でいっぱいだと思います。
自分に自信が持てない時におすすめなのは
大きな目標のために小さな目標を立てる
ことなんです。

心の中は
焦りと緊張
不安とい心配
そして恐怖心でいっぱいだと思います。
重くのしかかる周囲からの期待
時間ばかりが過ぎていきなかなか結果が出ない状況にもうどうすればいいかわからなくなります。

そんな時にはまずゼロを1にすること
大きな金額
大きな仕事
そんなことより、まずは最初の小さな一歩を目指しましょう。

「やればできる」
そんな自信がきっとつくことでしょう。
小さな成功体験がとても大切なことを知っておいてください。
本当にそれは小さな目標で構わないのです医。
その目標が小さいからといって侮ってはいけません。
小さな目標だからといって甘く見てはいけないのです。
小さな目標を甘く見ているからとんでもない目に合うのです。
どん何小さなことでもコツコツを取り組み、着実にその小さな目標を達成していくことがいずれ大きな自信といなり大きな目標が達成できるのです。

小さな目標をコツコツとこなしていけばチャンスは向こうからやってきます。
あのイチロー選手の格言もこのことについてたくさんあります。
「少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事。」
「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」
これって名言だと思います。

大きな目標
それは
1年単位
5年単位
という壮大な計画でもあります。
そのために小さな目標をひとつひとつ達成していかなければなりません。

小さな目標をこなした時の達成感
それを噛みしめながら一歩一歩突き進んでいきましょう。
気が付けばとんでもないとこ炉にまで行っています。
時にそれは自分では全く自覚がないかもしれません。
でも、まわりから見ればすごい成長していることに違いないんです。
もう一度 イチローさんの名言を噛みしめましょう。
「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」b y イチロー
カイポケ 利用料金

耳が遠い人は雑踏の中で聞こえのトレーニングしよう

耳が遠い人ほど聞き取りやすい静かな場所で過ごしたいんものです。
でも、あえて四方八方から音がしてくる少しうるさい雑踏に身を置いてみあm線化?
実は耳にとってうるさい騒音の中にいることはかなり辛い公卿なんです。
でも、これが耳にとってトレーニングにもなるのです。
たとえば駅のホームで
「まもなく◎番線に△行きの急行列車が到着いたします。
黄色い線のうちがわにてお待ちください」
といったアナウンスがありあmす。
せっかく御アナウンスの音声でも周囲がうるさければ耳の遠い難聴者にはかなり聞き取りにくいものです。
しかし、正確に聴き取れなくても「聞こうとする」だけで聞こえのトレーニングになるもです。

じつは、耳が樋という難聴は
きこえていないこともありますが、耳が受け取った音の信号を脳にうまく伝えることが出来なくなっている状態のこともあるンドエス。
ですから、聞き取りにくくても「機構」とすることでその音の信号を脳に伝える訓練は大切なのです。
来れま聞き取れなかったんもは「機構とするし瀬瑛」が無かったかもしれません。
騒々しい音が溢れる雑踏の中で、脳の聴覚野が音に麻痺して関心を失い、無視してしまおうとする傾向があるのです。
しあkし、本気で機構とすれば脳も働き始めます。
すると、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになることもあるのです。
少しずつでも訓練を続けていれば、次第にクリアに聴こえるようになります。

ですから騒々しい雑踏の中でも、常に「聞こう」「聞き取ろう」と心がけてください。
満員電車の仲では新聞もろくに読めないことがほとんどです。ならば耳だけでもしっかりと働かせてみませんか?
車内の音に集中し、聞こえにくい音でも「機構」「聞き取ろう」としてみましょう。
これを続けていると、いつのまにか「あれ、聞こえてるじゃん」ということになるんです。
もちろん、この聞こえの訓練は一朝一夕にはできません。
根気強く続けて行けば、少しの改善はするものです。
ミライスピーカー 口コミ