いつか愛猫が天国へ逝く時に

愛猫との出会いがあれば、いつか愛猫との別れの日もやってきます。
生きものと付き合うということは、そうした辛いことや悲しいこともあるのです。
これまで長く猫を飼ってきた方なら、そんな辛い愛猫との別れを経験して着た方も少なくないでしょう。

愛猫とが天国へ行くだけでなく、重役事情や転勤なのでも愛猫とやむなく別れなければならないこともあります。
また事故や病気のこともあります。あるいは猫が癒えでしてして帰って来なかったしたこともあるでしょう。
そんな場合は買主は大きな後悔と自責の念を感じてしまうかもしれません。

ですから、これから猫を飼おうとする人は最初からそのことも頭の片隅に入れておくべきでしょう。

そうはいっても、いざ愛猫との別れの時に冷静にいられることはなかなか難しいものです。
でも、ペットロスで悲しみから立ち直れない方々にたくさんお会いしてくると、ある程度の心の準備も必要だと思います。

そんな意味でも一人住まいの方の愛猫との関係性に注意して欲しいのです。
一人住まいの方の愛猫との関係性は1対1の関係になってしまいます。
できれば、そこにもうひとつ増やすことも考えておくこともよいのではと考えるのです。
愛猫とが1匹だけならあなたと愛猫に誰か家族というものを
あなただけなら愛猫とプラスもう一匹愛猫を増やしておくことも良いかもしれません。
そうしておけばいつか愛猫との別れの時も幾分かは和らぐかもしれないと思うのです。

また人間側の都合ばかり考えずに猫側の子とも考えてあげてください。
よく遊んであげる
居場所や食事もできるだけ愛猫のことを考えてあげる
それができていれば愛猫と野と別れも
「出来るだけのことはしてあげた」
そう自分自身に納得させることもできると思います。

また、新たな猫を家に招くことも考えましょう。
それでも前の愛猫をのことを思い出してしまかもしれません。
しかし、新たに迎え入れた猫ちゃんを可愛がることこそ前の猫ちゃんへの慰めになると私は思っているんです。
にゃんがーどの口コミ|クソ高い値段の価値は本当にあるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です