タンパク質の剰摂取がハイリスク!?

タンパク質は筋肉を増やしたいときや動ける体つくりに欠かせない栄養素であることが知られています。しかし、実際に体内ではどのような働きをしているのでしょうか?厚生労働省によれば、一日あたりのタンパク質平均目安量は成人男性が50g、成人女性が40gと定義されています。可能であれば成人男性は60g、成人女性は50g摂ることも推奨されています。妊娠中の方や成長期の子どもによっても必要な摂取量は異なります。タンパク質には体を動かすことだけではなく、栄養などの運搬や免疫機能を維持する働きもあります。タンパク質が不足してすると病気になりやすくなったり、成長期には十分な成長が見込めなかったりします。接種のしすぎは、消費しきれないエネルギーで肥満になってしまいます。つまり、バランスよく摂取することが重要になります。
タンパク質の摂取は意識的に行うべきですが、過剰な摂取を抑えるためにも摂りすぎた場合の弊害にについてお話させて頂きます。
①内臓疲労を引き起こしてしまう可能性があります。
過剰に摂ったタンパク質のうち余ったものは分解されて窒素となります。この窒素を体外に尿として排出されるために、肝臓や腎臓にかかる負担が普段よりも大きくなることで疲労が蓄積していきます。タンパク質をタンパク質取りすぎた日は、消火のいい食事に切り替えて内臓を休ませてましょう。
②腸内環境の悪化。発がん性のリスクが高くなる。
タンパク質を摂りすぎは、体に吸収されなかったものがそのまま腸内に送られます。腸内に送られたタンパク質は悪玉菌のエサになってしまい、腸内環境の乱れが発生しやすくなります。悪玉菌が腸内の活動を低下させ、食中毒菌や病原菌などを増殖させ、感染症になったり、最悪の場合はガンが発病する場合があります。また、病気にならなくても口臭、体臭の悪化にもなります。繰り返しますが、タンパク質はバランスよく摂取していけるように食生活の見直しを習慣化していきましょう。

成長期の子どもには雲のやすらぎプレミアムが必須!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です